「あの人の役に立ちたい…」~理想のお客さんの見つけ方 - 13分聴くだけでできる【集客10倍】講座

2018年06月22日

「あの人の役に立ちたい…」~理想のお客さんの見つけ方

いつもポッドキャストを
お聴きいただきありがとうございます。
インタビュアーの
秋田俊弥
です。

今日は、
「理想のお客さん」の見つけ方
のヒントになっていただきたいと思い
書きました。



「あの人の役に立ちたい…」



ぼくだったら、
Wあの人Wとはどんな人、
というだろうか?


ぼくだったら、、、

胸がしめつけられるような
W痛みWを感じる人

というだろうな。


どんなW痛みWかというと、

想いはあるけれども、
口に出すことができなくて、
心の奥底に閉じ込めている孤独なW痛みW。



中学生のとき妹が家に帰ってくるなり、

「うちの中でくらい泣いたっていいでしょ!」

と泣き出す。


うちの中で、
思っ切り泣ける妹が
うらやましかった。



「うちの中でくらい、
思っ切り泣ける、
って、素敵だなあ。」



それが、
家族ってもんだよなぁ。


ぼくときたら、
心許せるはずの家族にも
泣いている姿を見せられない…



じゃあ、
どこのだれに、
心おきなく、
涙を流すことが、
できるんだろか?


そんな、
人に心を許せず
涙を流すこともできない
自分の想いを封印している人。


そんな人に寄り添い、
そんな人が、
勇気を持って口にすることで、
新しい人生を歩んでくれたら
うれしいなぁ。


「ためていたものを出せてよかった。
しゃべり切れた感じです。そして、
『自分はこういうことを考えていたんだ』
ということを、自分の言葉で納得し、
自分で検証できた。

50歳にして、自分に気づけた衝撃。」


このようにいってもらえたら、
最高にうれしいです。


そんなぼくが、
「あの人の役に立ちたい…」
と思うWあの人"の気持ちを
書いたブログに出会いました。

http://goo.gl/BYMaHf



短い文章から、

やり取りが、息づかいが、心もようが、

伝わってきます。



「友人は、何度も言いかけては止めてしまう
私の言葉をじっと待っててくれました。」


こんなにも、
沈黙を、言葉にならない心もようを
書いた文章に
出会ったことがありません。


思わず、
息をとめて、
読み込んでしまいました。


このブログの世界に
入ってしまいました。



ぼくも、あらためて、
言葉にならない「心の声(心もよう)」
を感じるように生きていきます。






「いつも想像を超えて」

http://goo.gl/BYMaHf






今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございます。


人生の語り部
秋田俊弥
posted by 集客10倍 at 07:28| Comment(0) | ★ポッドキャスト登録の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。